2014年03月20日

ホワイトデー工作

今年のバレンタインも沢山の方からお菓子をいただき、ありがとうございました。


160043_2057728849_71large.jpg

160043_2057728847_146large.jpg

なによりインパクトがあったのは相方の気合の入った超巨大ボックス。中には手作りの山盛りビスコッティ三種と、チュッパチャップスの花束。ビックリしたw美味しかったなぁ。ありがとね♪


-----

そんなわけで、ホワイトデーの相方へのお返しは、私も何か手作りすることに。お菓子の味勝負では女子にかなうわけが無いので、見た目でなんとか。毎度w

バタバタしてるうちにホワイトデーが来てしまい、色々悩んだ末、手馴れてるアイシンングクッキーを。

クッキーは2010年のホワイトデーに500個焼いたことがあるので、なんとなく加減はわかるつもり。
とか言いつつ、クッキーの粉をおいしくブレンドしたやつが成城石井にあったので、それを利用。生地は手堅かったかな。


160043_2057728843_129large.jpg

バターをかきまぜて、卵となじませ、それに今回のクッキー粉を混ぜてこねれば生地完成。

数時間冷蔵庫で寝かせたあと、京都に引越したときに買ったオーブントースターを初稼動。新横時代はガスオーブンがキッチンに付いてたけど、京都には無かったので購入してたのです。取説に、クッキーは600wで、9〜11分と書いてあったので、予熱後、伸ばしてカットした生地をのせ、試しに600w7分で様子見。

・・・・・・!!

すると目を離した隙にオーブンから白煙が!!家中の窓を開け、喚起をしつつ、オーブンを開くと炭化したクッキーがww、菜箸でつまんで水に落とすと、ジューっという恐ろしい音がw
写真撮っとけば良かったw



160043_2057728839_156large.jpg

気を取り直して再び生地を円状にカットし、二つ繋げてマトリョーシカ型にし、300wで加熱。12分くらいでしっかり焼けた。取説はおかしいw


160043_2057728838_122large.jpg

粉砂糖と卵白、食紅を混ぜ、アイシングを作り、卸したての面相筆でダイレクトにお絵かき。相方に似せてみたつもりなんだけど、わかるかな?


160043_2057728836_3large.jpg

メインのアイシングクッキー完成。

残った生地を型抜きしてオーブンで焼きまくり。

160043_2057728832_244large.jpg


160043_2057728833_213large.jpg

これも相方に15枚贈呈。

+市販のチョコも保険で2個つけて、なんとかホワイトデーに相方に渡せました。ちょうど出張日と重なったので。ふー。


他の方のお返しは市販のモノで。

160043_2057728829_223large.jpg

とはいえ、それなりに悩んでチョイスしてみたつもり。
posted by ホンネサン at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

百均フォトフレームをリペイント

仕事帰りに百均のお店を物色していたら、色はドピンクなんだけど、L版の写真の入るアラベスクなフォトフレームを見つけ、『これはリペイントしたら化ける!』と確信をもったので二つ購入。


さっそく帰宅後作業開始


160043_2020846176_165large.jpg
これがその百円フォトフレーム、ガラス部分はアクリル板ですらなく薄いエンビ板で、フレームもプラ製ですが、手に取らないと分からないレベルなので、実用にはほぼ問題なし。採寸するとL版の写真は上下を少しだけカットしないと入らない仕様。ま、いっか。



160043_2020849832_6large.jpg
表面を軽く耐水ペーパーで荒らした後、食いつきを良くするためにヘビージェルメディウムを混ぜたブラックジェッソで下地塗り。2つをそれぞれ別のテイストにリペイントしていきます。



160043_2020851461_88large.jpg
片方を、リキテックスのバーントシェンナ、アンティークゴールドでドライブラシ。もう片方をウルトラマットメディウムを混ぜたチタニウムホワイトを大雑把にかぶせ塗り。



160043_2020854403_72large.jpg
片方を、ウルトラマットメディウムを混ぜたブライトアクアグリーンを薄めに青錆風塗装。もう片方を一旦ブラウン、オレンジ系で軽く塗ったあとさっきのマットなホワイトをドライブラシ。その後グレーでハゲチョロ塗装。



160043_2020855645_125large.jpg
あとはお好きな写真を入れて完成。百円フレームには見えないでしょ♪


百均も最近は面白いもの増えてきましたねぇ。楽しい♪
posted by ホンネサン at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

照明製作記(その3)

だいぶ前に自作照明を作りたくて、耐熱紙買ったのですが(過去日記「照明製作記(その1)」「照明製作記(その2)」参照)、ほったらかしだったのです。

LED電球が明るくなって実用性が出てきて、危険も少なくなったので、じわじわ再開。参考用にディズニシーのアラビアンコーストのランタン研究したりもしました。そういや。

そんなわけで、4年半ぶりに製作再開〜♪

-----

0405001.jpg

なんとなく、まとまった段階のラフスケッチです。
名前も決めてあったりして。「コル・ヒドラエ」


0405002.jpg
0405003.jpg
0405004.jpg

アルミワイヤーでフレームを製作することに。
やわらかいので変形しやすいですが、軽くできるのがとても魅力的。
かなりゴッチャリさせるので、補強は大丈夫かな、と。


0405005.jpg

耐熱紙の実験。厚みの違う二種類の紙で。ブラックジェッソ部分はどちらも透過しなくて良い感じ。




0405006.jpg
0405007.jpg

フレームの密度をあげながら、耐熱紙を少しづつ、細いワイヤーで括りつけていきます。

のんびりとw

つづく

posted by ホンネサン at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

ミニ雪ダルマ作ってみました

昨日の夜の降雪、凄かったですね!


20110215004.jpg
そんなわけで、今朝早起きして雪ダルマつくりました。


20110215006.jpg
まず洗面器を持って、マンションの外の雪を調達。


20110215005.jpg
さささっと手早く、雪球を裏返した枡に盛り・・・・


要らなくなったアロハシャツを解体したハギレや、冷蔵庫の奥で眠っていた恐くて食べられない海苔で装飾し・・・

完成↓



20110215001.jpg
20110215002.jpg
20110215003.jpg

細切りの海苔を貼るのに手間取りましたが、なんとか完成。マトリョーシカっぽくしてみました。室内製作なので、時間との戦いだった・・・ふう。

なにげに後ろ姿が自分でもお気に入り。ボテッっとしててよろしいかな、と。

海苔は扱い辛いので今後は別の素材を探してみよう・・
posted by ホンネサン at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

柔道衣ストラップを作ってみた

hon080827_001.jpg

昨日のブツは、柔道衣ストラップでした。市販品にイイのがなかったので自作です。


hon080827_002.jpg

こんな感じで、柔道衣を入れる鞄に付けるために製作しました。青胴衣も作って「JUDO」にも理解のあるところをさりげなくアピール・・・したつもりだったりします。

手間がチョコチョコかかったわりには、正直、出来がイマイチだったのでニコ動計画は別の物でやろうと思います。トホホ。ごめんなさい。
posted by ホンネサン at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

「作ってみた」でニコ動にあげようかなぁ・・。

hon080826_001.jpg

ちょっとした小物をチマチマ製作中。材料は着古したTシャツで。

製作過程も写真に撮ってるので、完成したらニコニコムービーメーカーで編集してあげてみようかなぁ・・。

ジャンルは「ニコニコ動画講座」になるんでしょうか。う〜ん。

あ、BGMどうしよ・・。
ラベル:ニコニコ動画
posted by ホンネサン at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

我が家の工作室の一部を公開

hon080820_001.jpg

ドン引きされそうですが・・木工をやってる部屋の一部(机上)です。こんな感じで図工室の机みたいなのにベニヤで出来た簡易棚をのせて道具や小さな木材を収納しています。

要は、子供のころの勉強机の引き出しの中のプラモ製作スペースが大人サイズになっちゃっただけなんですよ。手前に見えている金属の塊みたいなのが木の薄板を曲げることの出来るベンディングアイロンです。

賃貸マンションですが、和室にコルクマットを敷き詰めている部屋なので多少の音は大丈夫だと思います。夜中に手ノコくらいなら。
ラベル:DIY 木工
posted by ホンネサン at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

つげの櫛の修理

知人からの依頼で「つげの櫛(くし)」を修理してみました。

知人のダンナさんから現物をお預かりしたのですが、バッキリいってるわりには欠損もなく、大事に使われていたのが良く分る品物。

hon080427_001.jpg
まず断面を無水エタノールで脱脂と汚れを取り(写真左上)
膠を一晩微量の水でふやかして、使用前に70度くらいのお湯で湯煎し、解けたのを見計らって、筆で手早く塗ります。
接着し、はみ出た膠を濡れ布でふき取り、20分ほど手で圧着しました。
本来は完全硬化(24時間程)までクランプをするのがベストなのですが、形状的に難しかったのです。剥がれが起きたら、この工程のせいですねぇ・・・。

hon080427_002.jpg
で、くっつきました。


はてさて、櫛として使える強度になったのかなぁ・・・。

また剥がれるようなことがあれば、心材を入れて補強しなきゃダメでしょうなぁ・・・。
ラベル:つげの櫛
posted by ホンネサン at 22:02| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

雪玉オリゼーを作ってみた

うおお!!!ドカ雪だー!!!

hon080203_002.jpg
さっそく、前からやってみたかった、とある計画のために雪を採取!
で、手でコネたり、ヤスリで削ったりして・・・

hon080203_003.jpg
ジャン!!完成。さすがに立たせるのは無理なので、この写真を加工して、ウチにあった純米大吟醸と記念撮影!!!↓

hon080203_001.jpg
ふう・・。イキオイって大事だなぁ。



※このキャラは石川雅之の漫画作品「もやしもん」に登場するオリゼーという菌の一種がモチーフです。
posted by ホンネサン at 13:12| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

照明製作記(その2)

hon071003_001.jpg

ノーメックス紙の接着実験です。30分硬化型のエポキシ接着剤でやってみました。

写真左上、右上
こんなかんじで、ノーメックス紙と木の端材をくっ付けて・・・。

写真左下
30分後に「エイヤッ!!」と思い切り剥がします。ごらんのとおり、紙が破れ、木に付着しています。いきなり大成功。エポキシはノーメックス紙の接着に使えそうです。

写真右下
ノーメックス紙は紙のように折り曲げて加工できます。


これで熱に強い紙と、熱に強い接着剤は選定できました。さて次は型紙でも作ろうかな・・・
posted by ホンネサン at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

照明製作記(その1)

hon070915_001.jpg

さて、突然ですがペンダントライトを作ろうと思います。フードだけですけど。とりあえず、ネットで耐熱紙を買ってみました。アラミド紙の一種で、ノーメックス紙という紙です。厚さ0.13mmと0.25mmの2種類を購入。とりあえず実験開始。

写真左上
手持ちの一灯ソケットに蛍光球(白熱球60w程度の明るさ)を付けたものです。

写真右上
ロール状の紙をずらして透かしてみたら、こんな感じで。透過率は高そう。暖色系の紙なんですねぇ。

写真左下
ロール状の0.13mm厚をずらして、カポっと電球にかぶせた写真。実際はもっと電球から離して製作するので暗くなりますが、とってもイイ感じ。

写真右下
同じく0.25mm厚。こっちも問題なし。間接照明ならこっちかなぁ・・。


今後の問題点(自分用)
・接着は熱の問題からエポキシがベストだと思うが、ノーメックス紙に使えるか?
・木材はエポキシでコートすれば耐熱はある程度大丈夫か?

はてさて・・・・。あ、引越しの片付けまだ終わってないや・
posted by ホンネサン at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

間に合った〜

hon060813_001.jpghon060813_002.jpg
hon060813_003.jpg


妻に頼まれていた物の制作がギリギリ、今朝完成しました。
ベニヤ板を切って、端材で足をくっ付けただけの衝立ですが、軽量化と並べた時に傾斜のそろうようにするのに、ちょっと苦労してたりします。

・・・・解る人には解る一品(逸品ではない)なのです??
posted by ホンネサン at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

ラグをデザイン

23508744_244[1].jpg 23508744_102[1].jpg

仕事、仕事で特にネタもないので一年ほど前に、自分でデザインしたラグを載せてみようかと思います。個人でデザインしたものをオーダーメード出来る業者も増えて来て、こんなことも簡単に出来るようになりました。ネットって便利ですね。

左/デザイン画
右/完成したラグ
アクリルで、毛足の少しあるものに加工してもらいました。さわり心地もさわさわして良いのです。リビングに敷いてます。



posted by ホンネサン at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

一輪挿しのパラドックス(自作小物)

itirinkuro.jpg

iti001.jpg

iti002.jpg

仕事柄、職場でも家でも構造的なネタを模索するのに、PCのソフト以外にブロックや粘土、木や石など感覚的に触りながら、「あーでもないこーでもない」とよくやるのですが、そんな模索から生まれた副産物を紹介してみたいと思います。


写真上
これは一年程前に作った一輪挿しです。杉板で出来ています。

写真中
最近作った、杉端材を「つ」の字に組んだ4組のオブジェです。試験管を穴に入れることを想定して一輪挿しとして使えるよう組んでみたのが左の4例と右の2例です。

写真下
さらにオブジェとしての自由度を示してみたものがこの写真です。

---------------------------

最近、季節柄おめでたい別れが多いです。先日も遠方に就職する親族の壮行会をやってきました。来月は新社会人が街中にあふれるわけです、春は新鮮な緊張感が彼方此方で見れて良いですね。
posted by ホンネサン at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

自作置時計

4498346_220.jpg

で、こりずに木工です。ずいぶん前に楽器材の端材などで作った置時計です。雑貨屋などで扱ってる時計があまりに粗悪な素材で出来ているので、量産品には不可能な、手作りでしか出来ない時計をこさえたつもりです。腕時計は素材のキッチリした精度の高い物が沢山あるのに、置時計は高級品にしかないうえに日本では扱っている店舗がとても少ないのです。

日本にはドイツのマイスター制のようなものがないためか、職人が製作する本当に質の高い物は、注目されにくくなっています。そのかわり、企業が大量生産できる粗悪な物が、膨大な広報により『流行』という情報の付加価値を付けて、大衆にばらまかれるのです。資本主義の定めとはいえ、ブームが過ぎ去った後に残るのはガラクタです。皆さんのお家にも沢山あると思います。私のまわりにも沢山あります。

私がアナログな楽器製作に惹かれているのは、『音』という、ごまかしようのない物を奏でる、美術工芸的な要素を必要とされる実用品であるからです。

・・・と、まあ、ぼやきはこの辺で置いといて、時計ですが、文字盤、底板に黒檀、側をウォールナットの突板で仕上げています。ボディはメンテ出来るよう、上下に分割できます。ムーブメントは市販の物です。針も市販の物を削りこんで使用しています。フードにはアクリル板をきっちりに削り、接着材を使わず、はめ込んでいます。たいした工作ではないのですが、こんな作りのものさえ、市販品に少ないんです。残念ですね
posted by ホンネサン at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の木工作品など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする