2016年09月16日

太陽の塔に大接近

沖縄旅行の際、関空よりも伊丹空港のほうが沖縄直行便に関しては近くて便利そうな話を妻としていて、帰ってから伊丹空港までのアクセスを調べてみると、大阪モノレールの途中駅に万国記念公園前駅の文字が。あれ??もしかして家からそんなに遠くない??行くしか!!!!



という経緯で突発的に先週土曜に妻と万国記念公園に行ってきました。

モノレールの窓から太陽の塔が見えただけで、テンション上がりまくりです。


hon20160910001.JPG
駅から一歩外に出ると、いらっしゃいますよ!太陽の塔が!!おおお!


公園に着くと、『本日入園無料』の文字が!!ひゃー!なんてことでしょう。素晴らしい偶然。


hon20160910002.JPG
ゲートをくぐると目の前にどーーーーーーん!想像より大きい!!なんて存在感だ・・・うっとり。
ここで史上最大規模のイベントが繰り広げられていたかと思うと胸に熱いものが。

hon20160910003.JPG
ちょうど園内を周る列車(バス?)が出るところだったのでそれに乗り込み優雅に園内奥のエリアまで見学。かつてパビリオンが密集していたエリアは植物園になってるんですね。途中、お祭り広場前で下車。降り立つと、丹下健三が手掛けた、かつての大屋根の一部がモニュメントとして存在していました。

hon20160910004.JPG
そして太陽の塔裏側からご本尊を拝みに向かいます。右下の小さいオッサンが私です。

hon20160910005.JPG
hon20160910006.JPG
hon20160910007.JPG
hon20160910008.JPG
すごい!凄いよ!なんだこの存在感は!!鼻血が出そうーーーー!うはーーーーー!!!岡本太郎たまらんな・・・偉大すぎる・・・。
模様は細かなタイルで出来ていて近くで見ても雑さの無い芸術作品でありました。

hon20160910009.JPG
hon20160910010.JPG
hon20160910011.JPG
hon20160910012.JPG
hon20160910013.JPG
そして『EXPO’70 パビリオン』として残っている、旧鉄鋼館へ。こちらもこの日は入館無料♪

ジオラマや当時の資料も盛りだくさんの内容だったのですが、やはりなんといっても、スペースシアター。当時のまま残されており、上演もされておりました。前川國男の意匠も存分に堪能できます。

hon20160910014.JPG
お腹がすいたのでレストランに向かう途中、イサム・ノグチの逆噴射噴水が!まだ残ってたんですねぇ。さすがに噴水の機能は無くなっていましたが・・。
そしてレストラン『Park Cafe』でエビフライカレーを注文したのですが、ルーにキノコがたっぷり。なのでルーを掬って嫁にあげて、私はエビライス状態のお昼ご飯となりました・・・・


hon20160910015.JPG
お腹を満たした(?)後、園内の国立民族学博物館へ。

hon20160910016.JPG
hon20160910017.JPG
hon20160910018.JPG
館内は物凄く広くて、展示物も盛り沢山。その中で我々が気になったのは模様の美しいメキシコの木彫りのジャガーと熊。これ欲しくなりました。
それとパプアニューギニアの人形と仮面が、ディズニーシーのタワーオブテラーの呪いの偶像『シリキ・ウトゥンドゥ』そっくり。このあたりの偶像を参考に『シリキ・ウトゥンドゥ』はデザインされたのかも知れませんね。

hon20160910019.JPG
お土産を買いこんで駅前のララポートにも行ったのですが、人混みが凄くてすぐに退散。
エレベーターホール付近の配色は万博を意識されたのかもしれませんね。でもガンダムカフェのガンダムとザクの像は、この駅には似合わないかなぁ・・・・・


hon20160910020.JPG
今回購入した戦利品など。太陽の塔のミニチュア、ランチョンマット、Tシャツ、等々・・。

hon20160910021.JPG
hon20160910022.JPG
特にこの海洋堂の1/350のミニチュアが素晴らしい出来。避雷針まで再現されております。
posted by ホンネサン at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック