2014年夏帰省日記(その1)

今年の会社の夏休みも、福井の三国花火大会と日程が重なったので、花火に合わせて実家に帰省しました。 相方も一緒に。

3回にわけてチマチマ書いていこうと思います。

-------
2014年夏帰省日記(その1)「京都~福井県立恐竜博物館~越前大仏編」
-------

■一日目(京都~三国の実家)

160043_2099390638_134large.jpg
相方と京都で合流し、一息ついた後、16時40分初のサンダーバードで芦原温泉駅に出発♪・・・・・・のはずが、台風の影響で敦賀あたりの河が増水し、運転見合わせ中のアナウンス。前の電車が大阪駅で止まっているとのことで、動き出したら直に来るかな?と思い、待つことに。
結局、21時にやっと列車が京都到着。とりあえず指定席には座れたものの、大混雑。そして敦賀までは超徐行運転。芦原温泉駅に着いたのは6時間遅れの0時半。迎えに来てもらってた父も駅で二時間も待たせてしまった・・・・。相方も私もクタクタ。
鉄道関係者の方々も大変だったでしょうねぇ。2時間以上の遅延なので、特急料金は返ってきました。

160043_2099397843_64large.jpg
実家に着いたのは午前1時過ぎ。母の料理を軽めに食べさせてもらって、お風呂入って就寝。弟夫婦と姪っ子も先に帰省していました。


-----
■二日目(福井県立恐竜博物館~越前大仏)


160043_2099397840_133large.jpg
朝食は、家庭菜園で父が育てた、ブルーベリーとトマト。パンとマーガリンに、ブルーベリーをジャムにしたものと、トマトをのせて食べるのが父のマイブームらしいので、私もやってみた。おお!いける。美味い♪


この日行われるはずだった三国花火は台風の影響で明日に順延。予定が空いてしまったので、父に恐竜博物館に連れて行ってもらうことに。母は東尋坊の親族のお店に出勤。


160043_2099397820_119large.jpg
この博物館、地方のものとは思えないくらい立派です。展示の多さに、常設展のスケールの大きさに、圧倒されます。夏休みでお子様もいっぱい。チケットも並ぶことに。この日は企画展でスペインの恐竜の展示もありました。なかなかお国柄が出ていて面白かったです。


160043_2099397816_47large.jpg
160043_2099397813_133large.jpg
160043_2099397810_200large.jpg
160043_2099397808_34large.jpg
160043_2099397802_8large.jpg
160043_2099397798_81large.jpg
160043_2099397795_10large.jpg
160043_2099397792_58large.jpg

体験施設も大きいので、子供と一緒なら、丸一日遊べる博物館なのです。ここはオススメ。


その後、近くに越前大仏もあるので、父に立ち寄ってもらいました。
昔関西のタクシー会社の社長が観光目的のために建てた、奈良の大仏より大きくてゴージャスな大仏。ところが完成当初、拝観料があまりにも高額で、誰も寄り付かなくなり、拝観料が下がった現在も参拝客は疎らです・・。仲見世はシャッターが下りて閑散としています。

160043_2099397784_162large.jpg
160043_2099397780_134large.jpg
160043_2099397776_133large.jpg

ガラガラです。今やすっかりB級スポットに。五重塔からの眺めも良いのに、残念ですねぇ。



160043_2099397771_137large.jpg
160043_2099397768_24large.jpg
160043_2099397766_93large.jpg

この日の夕飯は地元のお刺身と、母の手料理。越前蕎麦も作ってくれました。
やー。美味しかったー\(^o^)/








つづく

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック