NASPAスキー旅行

土日に相方と久々に泊りがけで、スキーに行ってきました。

以前、一人スキーで何度も訪れている越後湯沢の「NASPAスキーガーデン」。
ピングーがマスコットキャラになってます。私のお気に入りのゲレンデ。
ゲレンデで幼女に刺されたりもしましたっけw

-------

上野から新幹線で現地まで、1時間半くらいで到着。いつもながら、新潟は便利だなぁ・・・。

20140118001.JPG
朝は駅弁を車内で。私は『かにめし』相方は『かきめし』。私も『かきめし』にしようかと思ったのですが、シイタケが入っていたのでヤメたのです。おぶぇ。


9時半くらいに到着後、スキーとウェアをレンタルしゲレンデへ。
相方は、ファンスキー持参だったのでウェアのみレンタルで。

ここのゲレンデの利点をおさらいすると

・駅に近い
・スキー専用ゲレンデで、スノボ禁止
・初級、中級コースが充実
・ファミリー層中心で、利用者のマナーが大変良い
・いつ行っても比較的空いている
・併設のホテル(ニューオータニ)直結

空いてたり、マナーが良いのは、ニューオータニ系ホテルの併設ゲレンデで宿泊費がちょっと高めなのと、スノボ禁止で学生層の利用が少ないせいかと思いますが、初級~中級スキーヤーにとっては理想的な場所かと。


20140118002.JPG
20140118003.JPG
20140118004.JPG

とっても良い天気。眺めも最高!なんて気持ちよさ♪空気も綺麗。すーはーすーはー♪

初級コースでお互い色々思い出しながら滑り初め。
相方は10年ぶりだそう。でも体は覚えてたみたいです。

20140118005.JPG

しかし気持ちいいーー♪

ちなみにここの初級者コース、最長で、2200mもあります。


20140118006.JPG
一滑りした後、ロッジで昼食。定番のカレーを。チキンカツがでっかい!美味しいカレーでした。


午後も途中休憩をとりながら16時まで滑って、ホテルにチェックイン。

20140118007.JPG
20140118008.JPG

JTBのプランでジュニアスイートが他の部屋とそんなに変わらない料金で取れたので利用してみたのですが、ビックリ!ツインのベッドルーム以外に広いリビング、簡易キッチン、広いウォークインクローゼット。お風呂とは別にシャワールームまであるお部屋でした。一泊だけなのが勿体無い・・・。

20140118009.JPG
大浴場でさっぱりした後、ブッフェ飯。とはいえ、さすがオータニ。蒸しズワイガニやフグの白子なんかもありました。満足。

事前に調べたらプールがあったので、食後にプールで一泳ぎ。私はもう足がパンパンだったのですが、相方は魚のようにスイスイ何往復もしてました。凄いなー。元気だw

20140118010.JPG
その後、貸切風呂で窓全開露天風呂状態で、まったり疲れを癒し、バーラウンジのカラオケ個室で歌いまくって、一日全力疾走したのを噛み締めながら就寝。

-----

20140119001.JPG
20140119002.JPG
翌朝目覚めると外が白く霞んで雪が。


20140119003.JPG
朝食のブッフェ飯をたいらげた後、温泉大浴場で朝風呂ガッツリ。サッパリ温まってチェックアウト後、二日目のゲレンデへ。

準備してリフトに乗ると吹雪いてきたので、上のロッジに避難して一時間ほど様子見。

20140119004.JPG
コーヒー飲んだりチェルシー舐めて、包み紙で折り紙したり、バカ話してる内に少し小降りになってきたので、下まで滑り、長距離高速リフトへ。
頂上に着くと猛吹雪www
こりゃ、ダメだ・・・・と判断し、さっきのロッジまで、なんとか滑って、昼食。


20140119005.JPG
この日はオムライス。半熟であっさりした味付け。
相方は、から揚げと、もんのすごい巨大なおにぎりを購入。でかいにもほどがある大きさw一合はお米使ってるんじゃなかろうかwww


その後は、同じように小降りになったのを見計らっては滑り・・・を繰り返し、14時過ぎには撤収。吹雪いてどうしようもないので。

スキー用具を返却し、ホテルの休憩室でまったりした後、温泉にのんびり浸かり、NASPAを後に。



20140119006.JPG
駅で、帰りの電車まで時間があったので利き酒したり、五平餅、もち豚串焼き、笹団子つまんだり。お土産物色してたら、あっという間に帰りの新幹線の時間に。
越後湯沢駅、楽しいですねー。


20140119010.JPG
おまけに駅の売店の飾りも綺麗だったのでパチリ。


帰りの新幹線では爆睡・・・・

やっぱりスキーは楽しいなぁ。考えながらトライするのを自分のペースで出来るスポーツって、私には合ってるんでしょうねぇ。相方も団体競技苦手そうで良かったw

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック