ふくい南青山291

hon091101_001.jpg

知人からの情報で、福井291会の事を知り、調べてみると、南青山に福井県のアンテナショップ「ふくい南青山291」なるものを見つけました。こんな一等地に、凄いなぁ・・・。

さっそく土曜の柔道の帰りに立ち寄ってみました。表参道駅から徒歩10分ほど。好奇心旺盛な柔道会の方と5人でゾロゾロと~。

hon091101_002.jpg

なんというか、青山を意識したオハイソな雰囲気のお店です。思ってたより広かったです。確かに福井は高額海鮮加工品や、質の良い工芸品が多いので、場所や、この展示のしかたは正解かも。青山界隈に買い物に来る人たちなら、敷居も高くないでしょうし。
・・・ただ、認知度は上がらないだろうなぁ・・・。いかにブランド化できるかが勝負のような。

なんだかんだで、1万円近く買い物しちゃいました。


hon091101_003.jpg

その後、表参道ヒルズに。あの味のあるボロアパートが、こんな事になっていたとは・・。時代の流れを感じます。
その近くの新潟県のアンテナショップにも立ち寄りました。こちらは福井と対照的、市場や物産展の雰囲気。大衆からマニアまで魅了する地酒や、安くて美味しい食品が沢山ある新潟らしい展示です。
ここでは柔道会の方(新潟出身)お勧めの「かんずり」と、たらの煮物を購入。「かんずり」まだ開けてませんが、美味しそ~う。

福井県の取った、質で勝負の南青山オハイソ店舗政策は正しいかな。新潟と同じ展示法だと、確実に物量と勢いで負けそう・・・。住み分けは上手くできていると感じました。


-------


hon091101_004.jpg
戦利品です。まさか都心で、「波屋」さんの商品が普通に買えるとは(笑)。塩漬けウニ、へしこ、水ようかん、ソースかつのたれ、雲丹醤、越のルビージュース、若狭塗りの箸。

hon091101_005.jpg
今回初めて口にしたのは↑の二品。どちらも値ははりますが、お勧めです。

「越のルビージュース」
毎年皇室にも献上されているフルーツトマト「越のルビー」100%の贅沢なジュースです。物凄く美味しいです。市販のトマトジュースとは、もう別物。300mlで、1000円近くしますが、また飲みたい!うめぇ~!

「雲丹醤」
雲丹を素材とした魚醤の一種。これも高いですが、美味しかったです。調味料として、どう使うかは悩みどころ。だって、これだけでもご飯が食べれるくらい旨みが~。なくなったらまた買います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック