2017年09月21日

親族の沖縄挙式に参加

9/17から飛行機で沖縄入りして、仕事の都合もあり、一泊二日という勿体無い日程で、妻の従姉妹の挙式に二人でお呼ばれしてきました。
北朝鮮のミサイルや、台風18号、安室奈美恵の沖縄ライブが重なって、大変な日程でしたが、運よく乗り切ることが出来ました。我々も以前 沖縄でリゾート式を挙げたのですが、今回は沖縄の地元の方の挙式。本格的な沖縄の挙式は初体験になります。

---------------------------------------
9/17

160043_2266049973_198large.jpg
台風18号が迫り来る大阪空港に、フライト2時間前の朝7時に到着し、チェックイン。沖縄便は大丈夫そう。空港内で たこ焼きを食べたりしながらフライト時間までくつろぎ、予定通り9時過ぎにフライト。JALは機内wifiが使えるようになっていて、クラスJのシートは足がそれなりに伸ばせて快適でした。乗り心地良くなってますね。


160043_2266049972_93large.jpg
台風を飛び越え、定刻に無事 那覇空港に到着。晴れてます!
お腹がペコペコだったので、空港内のお店『志貴』でオリオンビールと沖縄そば、海ぶどうで一息。うまい♪


160043_2266049970_37large.jpg
ゆいレールでホテル『ダブルツリーbyヒルトン那覇』に移動すると、早めにチェックイン出来たので、部屋でシャワーを。その後 那覇入りした義母さん、義妹さんと合流し親族のお家の仏壇に手を合わせに。叔母さんの手作りヨーグルトやフルーツもいただきました。これがまた美味しくて南国気分が盛り上がります。


160043_2266049969_177large.jpg
160043_2266049968_17large.jpg
夜は国際通りに移動して『あんがま』で沖縄料理を。
メニューを見てみると、アグー豚の餃子や白身魚のアオサ揚げ、島らっきょうの天ぷら、と、珍しい物が目についたので追加。
これがどれも一捻りあって、なかなかの美味しさ。島らっきょうの天ぷらは、らっきょうが苦手な方でも大丈夫だと思います。食感は揚げニンニクのようで、ホクホクしてました。アオサの衣で揚げた白身魚もクセになりそう。泡盛とも合いますねぇ。
さらにホテルに戻った後も、ワインを飲んでぐっすり就寝。


---------------------------------------
9/18


160043_2266049965_220large.jpg
いよいよ親族の挙式当日です。空も見事に晴れわたっています。
会場は『ホテルロイヤルオリオン』。親族は早めに集合して記念撮影。その後、結婚披露宴会場へ。私は かりゆし、妻は手作りドレス(凄い!)で参加です。ここから本土と沖縄の習慣の違いに度肝を抜かれることになります。
会場は広くて200人席以上の大規模な席数。本土と逆の席次で新郎新婦の席の近くに親族の席があります。


160043_2266049964_117large.jpg
席に着くと、お品書きの横に演目が書かれていて、催しものが盛り沢山。円卓はターンテーブル式で大皿料理をシェアする方式です。これいいですね。自分のペースでお食事出来て。

そして皆さん席に着くやいなや、乾杯前からビールの栓を抜き、飲みまくり始めました。沖縄ではこれが当たり前だそう。凄いー。私の居たテーブルだけで乾杯前にビール5本以上空いてしまいました。

ちなみに飲めるお酒はオリオンビールと泡盛のみ。泡盛はロックで頼んでもグラスにたっぷりと注がれてきます。


160043_2266049963_212large.jpg
そして新郎新婦が見事な琉装でステージ上に現れ、人前式。この流れも本土では見ないですよね。新郎新婦、気品があって美しい。


160043_2266049962_11large.jpg
新郎新婦が高砂に着くと、来賓の方の乾杯の挨拶で披露宴開始です。


160043_2266049959_195large.jpg
演目『かぎやで風』からスタート。その後も参列者の歌や演奏が続きます。


160043_2266049958_244large.jpg
160043_2266049956_43large.jpg
お色直し後、キャンドルサービス。新郎はお友達のテーブルごとにビールを飲まされております。凄いなー。その後も新婦のお友達からの感動のスピーチや参列者の演目が続きます。会場の客席は浴びるようにお酒を飲んで祝福する方が溢れております。


160043_2266049954_69large.jpg
160043_2266049953_193large.jpg
2回目のお色直し後、ケーキ入刀。ドレス姿も似合いますな〜♪


160043_2266049952_26large.jpg
そして宴も終わりに近づくと、『カチャーシー』が始まり、途中から参列者もステージに続々と上がり、踊り始めます。私も見よう見まねでステージに上がって踊って見ました。楽しいーーー!♪


160043_2266049951_106large.jpg
最後は、新郎新婦の挨拶で、華やかな式を締めくくります。

参加してみた沖縄の挙式の感想ですが、沖縄の方々の郷土愛や、おおらかな人柄を感じられる式で私は気に入ってしまいました。またお呼ばれしたい!最高でした。

新郎新婦の新しい門出に乾杯!ご招待下さり本当にありがとうございました。御幸せに♪



160043_2266049950_144large.jpg
宴の後、妻に送ってもらい、那覇空港に。私は先に帰路に。と、いうか翌日東京出社なので羽田に向かいます。フライト前に搭乗口近くで沖縄そばを食らい離陸。
一泊二日は短いなぁ。次回沖縄に来る時は、スケジュールうまく調整したい。


---------------------------------------


160043_2266049949_252large.jpg
引き出物の中には、新郎新婦のお店『ぬーじボンボンZ』のレトルトカレーが!これは嬉しい。これ一人前で千円する高級レトルトカレーなんですよ。内容量180グラム中80グラムがお肉だそうで、拘りすぎて利益も薄いらしいです。本土では入手が難しいようです。
posted by ホンネサン at 01:25| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

軽井沢旅行記(2017年夏帰省日記)

夏の帰省日記ですが、福井、埼玉のお互いの実家の福井、埼玉では実家に滞在したのみなので、割愛して、福井から埼玉に移動の際、立ち寄った軽井沢を中心にした日記に。

--------------------------------
IMG_6986.JPG
8/15、まずは福井の実家にサンダーバードで移動。
母のご馳走を食べたり、父とビールを飲みながら、まったりとした帰省に。

IMG_7023.JPG
17日まで滞在し、御墓参りを済ませ、実家を後に。写真は、駅まで送ってもらった時に途中のヒマワリ畑で撮った一枚。

IMG_7038.JPG
福井から金沢までサンダーバード、金沢から北陸新幹線に乗り換え。今回はせっかくなので途中の軽井沢駅で下車して宿泊することにしました。初軽井沢です♪

宿泊は『軽井沢プリンスホテルウエスト』。低層の横に長い作りのホテルです。景観に配慮されてるんですねぇ。今回は観光せずホテルでのんびり滞在することに。

IMG_7051.JPG
IMG_7057.JPG
夕飯はホテル敷地内の『レストランこぶし』で。
この日のホテルは人が多かったので、ホテル内のレストランは混雑を覚悟していたのですが、分かりにくい離れにある、このレストランは空いていました。

店内は広々とした山荘風、天井も高く静かで、ゆったりと寛ぐことが出来ました。
ホテルブッフェで忙しく並ぶより、断然こちらのお店をお勧めします。
お料理も期待以上で、野菜、スープ、岩魚、ハンバーグ、どれも一捻りあり美味しく、ボリュームもそれなりにありました。ワインとの相性も良く、窓から見える夜の緑も印象的で、良い雰囲気のお店。

--------------------------------
IMG_7069.JPG
18日朝、ホテルブッフェ会場『浅間』で軽めの朝食。窓から見えるテニスコートは、朝早くから、親子連れで賑わっていました。

IMG_7079.JPG
IMG_7081.JPG
午前中は、広大な軽井沢ショッピングプラザを妻とブラブラ。
この日は、霞がかっていましたが、涼しく、避暑地らしさを体感。

IMG_7086.JPG
人が増えて来たので、軽井沢ショッピングプラザで昼食をとる気にもなれず、ホテルまで戻って、敷地内の『ラウンジ・マロン』に。
山小屋風の室内からは緑も見え、落ち着くことができました。

ミックスサンドイッチと、軽く汗をかいたので、メニューで気になった『軽井沢麦酒』を注文。『軽井沢麦酒』、喉ごしの良い豊かな風味のビールでした。美味しい〜♪

IMG_7090.JPG
IMG_7093.JPG
高地のせいか、滞在期間中は天候がコロコロ変わります。上の写真二枚を撮った時間は1分しか違いがありません。

IMG_7098.JPG
IMG_7099.JPG
IMG_7110.JPG
IMG_7115.JPG
夕飯は、妻が事前に予約を入れてくれていたお店『カスターニエ』で。

到着すると、『本日満席』の看板が。人気店なんですね。予約してあって良かった〜。
お洒落な内装で、スタッフの皆さんも笑顔が素敵な方ばかり。これは期待♪

名物のローストチキンが焼きあがるまで、色々とアラカルトで小皿料理を楽しむ事に。
チキン以外のお料理も美味しくて、ワインが進みます。素材も良い物を使っていると思います。

そしてメインで注文した、軽井沢ローストチキンの登場。
我々は二人で、1/2カット(350g)。他にも色々とつまんでいたので、ちょうどいい量でした。

ローストチキンは皮がパリっとしていて、中は程よくしっとり。油でベタベタしていないので食べやすく、最後まで飽きることなくいただくことが出来ました。ワインとの相性も抜群です。ウマイ!

IMG_7118.JPG
食後は19時から開いていたスナックで妻とカラオケ♪軽井沢はスナックが少ないそうで、この日も地元の方や別荘に移動している方々で賑わっておりました。

--------------------------------
IMG_7122.JPG
19日朝、ホテルブッフェ会場『ニューヨーク』で軽めの朝食。

IMG_7123.JPG
IMG_7132.JPG
ホテルをチェックアウトし、駅に。ピロシキやそば茶を買い込み、北陸新幹線で大宮に。

IMG_7134.JPG
大宮駅には新幹線のセメント像(?)が

そして埼玉の妻の実家に移動し一泊、義母さんのお料理で酒盛り三昧。義父さんのアトリエにもお邪魔して製作中の絵を拝見させていただいたり。

--------------------------------

暑かったせいでもありますが、全く観光無しの帰省もなかなか良かったかな。
posted by ホンネサン at 16:37| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

1/24ミニチュアショップ制作記【雑貨屋/八百屋】

1/6スケールの人形撮影の遠景用として、1/24スケールのミニチュアショップを制作したのでまとめ




--------------------
■雑貨屋(1/24スケール)

20170510001.JPG

ベースに百均の小物入れを使って製作開始、ラフスケッチを描いてイメージを固め、アタリをとりながらパーツを製作して行きます。

20170510002.JPG

電飾は電池式のミニLEDで。電飾を仮配置しながらショップの小物や、エンビで作った透明パーツを製作して良い塩梅を探ります。

20170510003.JPG

小物入れをもう一段重ねて、二階部分も製作開始。ボール紙でチマチマと。


20170510004.JPG

二階部分。塗装するとこんな感じに。


20170510005.JPG

看板を作り、二階部分と結合して、とりあえず完成。以前製作した1/6スケールのカカシや、七味と並べるとこんな感じです。


20170510006.JPG

怪しい雑貨屋です。うふふふふ。




--------------------
■八百屋 (1/24スケール)

20170510007.JPG
20170510008.JPG

こちらもラフスケッチを描いてイメージを固め製作開始。こちらも百均の小物入れ二段重ねベースですが、脇に階段を加えてみました。店のディスプレーをチマチマ石粉粘土で作りつつ、外装を木の端材で製作。


20170510009.JPG

お店の前面をボール紙で製作して行きます。ひたすらチマチマと。


20170510010.JPG

こんな天秤も製作。

20170510011.JPG

前面を貼り付け、電飾の確認。

20170510012.JPG

まだまだ小物は増やしたいけれど、とりあえず完成。雑貨屋と並べると、こんな感じです。


20170510013.JPG

ふふふふ。




posted by ホンネサン at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

ミニチュア小物制作記【スツール/雑貨】

1/6スケールの小物をまたいくつか制作したのでまとめ

--------------------
■スツール

IMG_4192.JPG
円形蓋付きスツールの図面をなんとなく引いて、それを元にボール紙を切り出し。

IMG_4198.JPG
IMG_4199.JPG
外は布、内装はベロア生地で。開閉用にリボン素材を内側に仕込みます。座面の内側にボール紙を縦に、くの字に曲げたものを交互に入れて強度を確保してみました。

IMG_4200.JPG
IMG_4202.JPG
完成。ちゃんと開閉できます。かわいいでしょ♪
座面には妻からもらったドミット芯を三枚重ねで入れてあります。このスケールだと綿と格闘するより(?)扱いやすいですね。

IMG_4214.JPG
Jドールを座らせるとこんな感じです。


--------------------
■フォトフレーム

IMG_9846.JPG
百均(ダイソー)のミニフレームの輪っかを切って、錆塗装してみました。サイズを測ってみたら、内枠がちょうど写真のL版の1/6という、狙ったような作り。これは使えますね♪


IMG_9915.JPG
ついでに紙袋も♪
posted by ホンネサン at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

ハトヤ&サンハトヤ旅行記その2【サンハトヤ編】

憧れのホテル、『ハトヤホテル』と『サンハトヤ』に一泊づつ宿泊してきました。

木曜と、翌週月曜が東京出社だったので、金曜に半年ぶりくらいに一日休みを取り、伊東に行くことに。どっち道、出社日前後以外は自腹で泊まり続けなきゃなきゃいけないなら、都内のビジホより安いハトヤに泊まればいいじゃない♪という発想。

二回に分けて日記を書きます。

--------------------------------------------------------------
ハトヤ&サンハトヤ宿泊記その2【サンハトヤ編】
--------------------------------------------------------------
4/15
---------------

20170415001.JPG
部屋の窓からの眩しい朝日で、爽やかに目覚め。

20170415002.JPG
早めにブッフェ形式の朝食を昨夜と同じ、ダイヤモンドホールで軽めにいただき、食後、ホテルの周りを散策することに。

20170415003.JPG
20170415004.JPG
20170415005.JPG
作りは古いんだけど50年以上前のモダン建造物がこれだけ綺麗に維持管理されてるのは凄い事なんじゃないだろうか。さすが近代建築の粋を集めたデラックスなホテル。ホント、ホレボレします♪消防隊も健在です♪

20170415006.JPG
例の通路に朝日が入ると、センターに綺麗に光が♪
宿泊したシアター棟は2階の次が何故か7階になっています。良く考えたら、棟が増えても識別出来る方法として、増築するごとに階数を上乗せしてるのかも。だとすると、増築順も部屋番号を追えばわかりそうですね。

部屋に戻って、一息ついて、大浴場に。
実は夜の間に、男湯と女湯が入れ替わっており、違う趣で温泉を楽しめるのです。こちらも三つの源泉かけ流しの大きな浴槽がありました。朝風呂気持ちいい〜♪

10時前にチェックアウトし、サンハトヤへ向かうことに。直通の送迎バスは10時45分まで無いけれど、伊東駅行きの送迎バスに乗り、駅前からサンハトヤ行の送迎バスに乗れば早く着けるらしいので、それで。

しかし、素晴らしい意匠満載のホテルだったなぁ。また来よう。会員カード作っちゃったし♪

----------

20170415007.JPG
20170415008.JPG
20170415009.JPG
そして、海ハトこと、サンハトヤ着。あの有名な大漁苑もありますよん♪
ロビーの天井も高く、こちらも昭和ゴージャスな作り。売店も広いです。

20170415010.JPG
荷物を預けて、近くのマリンタウンに歩いて移動。天気が良く、気持ちいい〜♪

20170415011.JPG
お昼はこちらで、伊豆高原ビールと海鮮物をいただくことに。うま〜い♪なめろうのフライがトロリとして面白い。もっとメジャーになっていい品だと思う。美味。しかも380円。安い♪

20170415012.JPG
海風も心地よいですな〜♪

20170415013.JPG
ハトヤ大漁苑のゲームセンターは広いけど、レトロゲームは少な目かな。
妻がクレーンゲームで、うまい棒12本組を一撃で落として狂喜乱舞\(^ω^)/。20円ほどお得(笑)そのまま二階の通路からサンハトヤのロビーに。

20170415014.JPG
まだチェックインの時間前なので、はしゃぎながら館内撮影していると・・・・

20170415015.JPG
TV局の取材を二人して受けちゃった(笑)『スーパーJチャンネル』放映は4/25か28だそうです。カットされなければ関東ローカルですが、TV出てるかもしれません( ^ω^ )
(5/5に放映されました♪)

それからしばらくしてチェックイン。30分早めて下さいました♪

20170415016.JPG
20170415017.JPG
おおおお。お部屋はハトヤ同様10畳の和室メイン。目の前は海です!!部屋の温泉からも海がどどんと!!ひゃああああああ。こちらにもハトの置物ありました。噂ではこの置物、部屋ごとに全部造形が違うとか。たしかにネット上で見ると少しづつ違いますね。

その後、古代ビーチ(温泉プール)と、名物海底温泉を堪能。
古代ビーチは仕掛けがたくさんあるプールなのでファミリー層には特にオススメです。
そしてサンハトヤと言えば『海底温泉』。この日はサメが悠々と泳ぐ水槽の温泉でした。こちらも日替わりで男女入れ替えがあります。妻の入ったほうは海亀が泳いでいたとのこと。こちらは露天風呂もありました。お魚と見つめ合って温泉って、想像以上に不思議ですよ♪

ホテルの意匠はハトヤほど尖ってないけど、後続の別館だけあって、部屋の温泉風呂から海が見えたりディナーショーを継続してたりファミリー向けに快適に過ごせるようになっているかな( ^ω^ )

というわけで夕飯。サンハトヤ名物ディナーショーでございます。

20170415018.JPG
20170415019.JPG
大きなステージと、二階席まである広ーーーいホールにテーブルと椅子が並べられています。ブッフェ形式でしたが、海鮮は新鮮でエビもプリっと。鉄板で焼いたり、お鍋で煮込むこともできました。コンロの台座にもハトヤの文字が。そして噂通り、カレーがドロリとして旨かった。
冷酒を呑みながら楽しく食事をしていると19時からディナーショースタート。
この日は、『獅子娘』という方々の(ジャパレスクショー)でした。

20170415020.JPG
20170415021.JPG
20170415022.JPG
歌と踊り。お子様たちに扇子の使い方をレクチャーしたり、男性顔負けの激しい獅子の舞が続き・・・そして最後は・・・ハトヤのテーマソングが流れ、会場二階奥から白いハトが沢山ステージに向かって飛んで行き、セットの上に綺麗に整列!!会場からは拍手喝采。そりゃそうだ。なんてお利口さんなハト軍団!!

ディナーショー後、しばし放心状態。いやーなんか別の世界に居るような体験をしているなぁ、と。

20170415023.JPG
20170415024.JPG
興奮覚めやまぬ中、カラオケでも歌える場所ないのかなー、と館内を歩いてみると、カラオケボックス以外にも、カラオケホールがあるとのこと。パンフ見る限り、バーもスナックも無いから意外でした。チャージ料金なし、一曲200円で、ワンドリンク以上オーダー。なんて良心的な♪しかもこのホール広ーーーーーーーい!200人は入れるみたいです。なのにお客は我々夫婦のみ。ステージ上で高らかに歌いましたよ。そりゃもう♪

その後、部屋に戻り、部屋の温泉に。せっかくの海が見えるお風呂なのに、夜は真っ暗。そりゃそうだ(笑)

---------------
4/16
---------------

20170415025.JPG
朝食は昨日の夕飯と同じ会場でブッフェ。
あー、もう帰らなきゃ行けないのかーという寂しさも。

朝食後は、海底温泉に♪海亀にご対面♪
朝のせいか、海亀さんは眠っておりました。海亀の寝顔を見ながら温泉につかるという、なんともシュールな時間を・・・・。

ハトヤホテルもサンハトヤも我々にとって、素晴らしいホテルでした。良い雰囲気のまま維持していって欲しいなぁ。ホテルの従業員の方はご高齢の方も多かったのですが、皆さん『ハトヤ』に自信とプライドを持った、和やかで丁寧な接客でした。居心地良かった♪

チェックアウト後、送迎バスで伊東駅。そこから混雑する各駅停車のJR線で熱海に。
-----------


熱海到着後、せっかくなので、前から気になっていた。駅前のレトロなレストラン『フルヤ』に行ってみることに。

20170415026.JPG
20170415027.JPG
20170415028.JPG
レトロな店内もお料理も素敵ですね〜♪エビフライのタルタルがカクテルグラスに乗ってるのも味があります。伊豆限定ビールもいただけました。客足が途絶えない人気店でした。オムライスを頼む人が多かったかな。

もう少し何かつまめるとこ無いかな〜と、歩いていると、妻がロシア料理『Beluga』の看板を発見。面白そうなので行ってみることに。

20170415029.JPG
20170415030.JPG
内装はダイビングショップも経営しているらしくマリーンな感じですが、出てくるロシア料理がどれも絶品で驚きましたよ!ええええ!びっくり。美味しいーーー♪
どうやらご店主のお父様が満州から引き揚げてこられた方らしく、ロシア料理のレシピはそのお父様仕込みなのだとか。ウオッカやロシアワインも美味しく、上機嫌になりましたよ。ええ♪

そして酔い覚ましに喫茶店に入りコーヒーフロートを飲んでいると・・・あ。新幹線の時間ヤバイ。そそくさと会計を済ませ、新しくできた駅ビルのコインロッカーに預けた荷物を出して、妻は京都に。私は再び東京に。

次回来る時は、もっとハトヤに長居したいなぁ・・・・・

と、そんな結婚式から二周年記念の旅でありました。




おしまい。
posted by ホンネサン at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

ハトヤ&サンハトヤ旅行記その1【ハトヤホテル編】

憧れのホテル、『ハトヤホテル』と『サンハトヤ』に一泊づつ宿泊してきました。

木曜と、翌週月曜が東京出社だったので、金曜に半年ぶりくらいに一日休みを取り、伊東に行くことに。どっち道、出社日前後以外は自腹で泊まり続けなきゃなきゃいけないなら、都内のビジホより安いハトヤに泊まればいいじゃない♪という発想。

二回に分けて日記を書きます。

--------------------------------------------------------------
ハトヤ&サンハトヤ宿泊記その1【ハトヤホテル編】
--------------------------------------------------------------
4/14
---------------

20170414001.JPG
金曜に休みを取り、熱海駅で妻と合流し、伊東線に乗り換え。偶然、リゾート21という普通料金なのに海向きのシートがある列車に乗ることが出来ました。海と桜が交互に現れる贅沢な車窓でございました。

20170414002.JPG
伊東駅到着後、お迎えのマイクロバスで『ハトヤホテル』に。
ちなみに『ハトヤホテル』と『サンハトヤ』は全く駅を挟んで反対方向で、距離もあります。小高い場所にあるのが『ハトヤホテル』(通称/山ハト)、海が目の前にあるのは『サンハトヤ』(通称/海ハト)。

到着後、荷物を預け、ホテルのチェックイン時間まで館内を散策。

20170414003.JPG
20170414004.JPG
真っ先に向かったのは、有名なあの空中通路!
うおおおお。感動〜♪レトロフューチャー感満載!!
今回の旅の目的の半分以上は、本館とシアター別館をつなぐこの通路なのです。想像以上のインパクト!!

20170414005.JPG
20170414006.JPG
20170414007.JPG
館内のあちこちにモダニズム溢れる場所があって最高です♪散策がホントに楽しい♪
途中、一部レトロなゲームが現存しているゲームコーナーの卓球台で二人で汗を流してみたり。ぜーはー。

20170414008.JPG
ロビーに戻ってみると売店もオープン。広めの売店の中にはハトヤのオリジナルグッズもあります。要チェック。

そんなこんなで、14時半にチェックイン。

部屋はシアター別館。海の見える部屋に変更してくださいました♪

20170414009.JPG
20170414010.JPG
噂通り、作りは古いですが、広ーーーい♪5人まで泊まれるお部屋のようです。部屋風呂は温泉です♪ハトの置物もありました。まずはハトヤサブレで一息。

20170414011.JPG
その後、ほぼ貸切状態の温泉プールで泳ぎ、大浴場でさっぱりした後、妻は着替え。私はカメラを準備。 大浴場は大きめの源泉かけ流し浴槽が3つ。広くて快適♪露天風呂はありません。
今回の旅の目的の一つは『妻のレトロフューチャー写真を撮る』ことなのです♪
ホテル内ですし、あくまで個人の趣味写真なので、もちろん三脚等は使いません。

20170414012.JPG
20170414013.JPG
夕飯前にまずは試し撮り。おおおおおおお、なかなか良い画が撮れる!
窓が明るいので、夜に本格的な撮影をすることに。
ちなみに妻が咥えてるのはタバコでは無く、売店で買ったココアシガレットです。

そしてダイヤモンドホールに移動して、夕飯です。

20170414014.JPG
20170414015.JPG
うおおおおーーーーーーーーー!なんだこのごちそうはw
最初の御膳だけかと思ったら、その後、あわび、ステーキ、天麩羅、お寿司・・・・と次から次へと運ばれてくるではありませんか!伊東だけあってお魚は美味しかったし、お肉も柔らかいし大満足の夕飯になりました。ちょっとキノコ率高めなのがアレでしたが(笑)


20170414016.JPG
夕飯の会場から出ると、日も暮れて、撮影に良い雰囲気。
ですがお腹がパンパンなので、お布団の敷かれた部屋で休んでから撮影を開始することに。

20170414017.JPG
20170414018.JPG
20170414019.JPG
20170414020.JPG
20170414021.JPG

いや〜素晴らしい写真が撮れたのではないでしょうか♪
人が居ないのを見計らってサササッと撮影したのですが、妻もノリノリで最高の思い出になりました。名古屋で買い込んだ衣装や、妻のお手製衣装、お手製粘土アクセサリー等々、この日のために妻が準備してきたことの集大成となりました。素敵だったよ♪

私は撮影のため屈伸しまくりだったので汗だくになりました(笑)

その後部屋に戻り、せっかく部屋風呂も温泉なので、こちらにも入ってみました。

20170414022.JPG
温泉ももちろん良かったのですが、部屋風呂の床や壁も模様も素敵でした。あとトイレのスリッパも。

寝る前に、ホテルのバーにでも・・・と思っていたのですが、この日は貸切だったようなので、次回の楽しみに。





つづく
posted by ホンネサン at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

名古屋旅行記(4/1〜4/2)

今月初めの土日に、なんとなく妻のレトロ服を買いに二人で名古屋の大須に一泊旅行してきました。
-----
4/1
-----
宿は大須観音駅近くの『ホテルアベスト大須観音駅前』に。
古いビジネスホテルですが、安くて大須の買い物に便利そうだったので。12時からチェックインして翌12時まで24時間滞在可能なプランを利用しました。

20170401001.JPG
新幹線で名古屋に到着後、地下鉄を乗り継いで『大須観音駅』到着。12時過ぎだったので、そのまま駅近くのホテルにチェックイン。荷物を置いて、まずは昼食をとることに。

20170401002.JPG
創業1954年の味噌にこみのお店『たから』で、二人とも人生初の味噌煮込みうどん。
おおおお。美味しい。こんな美味しいものだとは・・・・
もっとどろっとしていてしつこいイメージを勝手に持っていたのですが、全くそんなことは無く、サラリとしたコクのある御汁でやわらかめの麺が良く合います。

20170401003.JPG
20170401004.JPG
お腹を満たしたところで大須商店街を物色しつつ、お目当ての古着屋をハシゴ。古着屋は事前に、Mさんに教えていただきました♪おかげで良い買い物がでたようです♪

20170401005.JPG
写真両端が『メトロポリタン』、真ん中のモンドリアン柄は『ジ・アザー』で。

20170401006.JPG
老舗喫茶『コンパル 大須本店 』にも立ち寄ってみました。名物のアイスコーヒーやエビフライサンドで一息。席数の多いお店なのに賑わっていました。地元で愛されているお店なんでしょうねぇ。接客も和やか〜。エビフライサンドは二人で食べやすいよう4等分にして下さいました。

20170401007.JPG
荷物も増えてきたので、大須商店街をまわりながら、ホテルに一旦戻り、シャワー等。しかし活気のある濃い商店街ですね。一時期シャッター街になりかけていたのを地元の方々が中心になって盛り返したそうです。素晴らしい!


夜は、味噌カツを。『矢場とん本店』が近くだったので行ってみたら、やはり行列が・・

20170401008.JPG
今回はなにやらこの界隈で人気のお店『すゞ家 』で味噌かつをいただくことに。結果大正解。二階席は空いていて、赤をボトルで開けつつ、ゆったりと食事が出来ました。カツも評判通りの柔らかさで味噌ダレとよく合います。海老は愛知県産の車海老。贅沢〜♪頭まで残さずいただきました。

食後は、Sさんから、中年夫婦が行っても大丈夫そうなアニソンバーのオススメということで、栄方面に迷いながら到着した『ベイビーマカロン』で歌い呑み。カウンターは常連さんでいっぱいでした。たしかにこの雰囲気なら中年でも大丈夫かな♪

-----
4/2
-----

20170402001.JPG
起床してホテルの朝食会場で朝食・・とはいってもビジネスホテルの品数の少ないブッフェだったので、ここは控えめにして、せっかくの名古屋なので外に出てモーニングを。
大須商店街はまだシャッターが下りている店ばかりの中、開いてました『珈琲の店 モカ 』。中はなんと常連さんでぎっしり。席についてブレンドを頼むと「モーニングでいいかな?」と聞かれ、モーニングに。珈琲がきてしばらくするとバターがたっぷり塗られた熱々の厚切りのトーストが登場。わー美味しい〜♪

食後、ホテルに戻る途中、コンビニで妻が『寿がきや味噌煮込みうどん』の袋麺を見つけたので(でかした!)迷わず購入。

ゆっくりだらだら、チェックアウトし、名古屋駅に。
お昼なので、エスカでなにか・・・・と思いきや、どのお店も行列が!なんとか空いているお店をみつけ『ワインバー マイアミ パティオ 』に。ワインバーに昼間から入る人はそんなに居ないよな、そういや・・・

20170402002.JPG
20170402003.JPG
20170402004.JPG
せっかくなので、昼から名古屋名物をつまみながら昼呑みに突入。ゆったり出来たし、お料理もなかなか良かったし。お肉も柔らかだし、なにげに素晴らしい選択だった気がするぞ♪

その後、新幹線で京都に戻り無事帰宅

-----
帰宅して、夜は・・・・

20170402006.JPG
名古屋駅で買った味噌串カツや味噌卵をつまみに晩酌したのでした♪
たった一泊でしたが、なかなか楽しい旅でした。和んだ〜♪


-----

20170402005.JPG
その翌日、注文してあった、万博公園写真のフォトブックが届いていました。ひゃっほー。

実は今回の名古屋で買った衣装で、とある場所でまた写真を撮りまくろうと画策中なのです・・・うふふ
posted by ホンネサン at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

中村雅哉さんお別れ会

1月22日に逝去したナムコ創業者の中村雅哉さんのお別れ会が先月21日に帝国ホテルにて行われました。

IMG_4851.JPG
IMG_4852.JPG

私は10時半から献花させていただき、その後会場で故人の生涯を振り返ったパネル展示をみて、改めてその偉大さを感じました。

-------
スクウェア(現スクエニ)から我々が独立し、ナムコ傘下でゲーム製作をしていた時代に、会社立ち上げ時を含め、何度かお会いしたことがあります。大変お世話になった方です。

中村さんとお話した時に一番印象に残っているのは、中村雅哉さんのプチ誕生会を弊社で行った際、私が『創業されてから一番辛かった経験って何ですか?』と質問したら

『辛い思いなんかした事無い。楽しい事しかしてないし、人にも恵まれてるよ♪』

と、さらりと答えが返ってきたのが忘れられません(^_^)

その場でイチゴのケーキを切り分けお祝いしたのですが、ウチの社員に

『キミのケーキのほうが私のよりイチゴが多いんじゃないかね?』

なんていう、オチャメな一面をみせていただいきました(^_^)

会場には中村さんが大好きだったイチゴのデザートもありました。


それとは別のナムコ本社で行われた懇親会で中村さんとお話した時に、たしか

『私は二千円以内の美味しいワインを探すのが好きなんだ』とおっしゃったのを思い出し、会場ではワインをチョイス。パックマンのマカロンと中村さん語録集もいただきました。



それとなにより当時開発中だった『バテン・カイトス』を中村さんに見てもらった時に、

『情緒のあるゲームだね♪』

と言ってもらえたのも励みになったなぁ。何につけ肯定的な方でした(^_^)


------

『人間は遊ぶ存在である』

中村さんが大切にされていた、オランダの歴史家、ホイジンガの言葉です。


ラベル:中村雅哉
posted by ホンネサン at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

ウチの嫁がデビュー(エイプリルフール)

突然ですがウチの嫁が、芸名『メル・ヨーコ』で、
あのマトリョーシカマークで有名なホンネレコードから
デビューすることになりました。


デビューシングルは

王子ブルース小.jpg

『王子ブルース』(c/w 全裸でヤクーツク)


歌詞も掲載しておきます。

-----------------------------------------------

『王子ブルース』

歌/メル・ヨーコ
作詞・作曲/ホンネサン

-----

もうやめだ くだらねぇ
おいらは王子で飲んだくれ

行きつけの店は賛舌人(サンセット)
かわいこちゃんは いやしねぇ

吐くまで飲むのさ レロンレロン
地獄行きだぜ レロンレロン


もうやめだ くだらねぇ
あたいは王子で飲んだくれ

サンスクエアでバットをふるわ
千鳥足でデッドボール

もどしちまったぜ レロンレロン
地獄行きだぜ レロンレロン

-----------------------------------------------

『全裸でヤクーツク』

歌/メル・ヨーコ
作詞・作曲/ホンネサン

-----

わがままな あなたにうんざり
私はひとり 旅に出たの

ビザをとるのが大変だけど
ハバロフスクを経由して

ここは ロシア連邦 サハ共和国
永久凍土の ヤクーツク

来れるものならいらっしゃい
全裸で 出迎えて あ・げ・るわ


キレやすい あなたにうんざり
私はひとり 旅に出たの

冬場のフライト ちょっぴり後悔
外はマイナス40℃

ここは ロシア連邦 サハ共和国
永久凍土の ヤクーツク

来れるものならいらっしゃい
全裸で あたためて あ・げ・るわ


ここは ロシア連邦 サハ共和国
永久凍土の ヤクーツク

来れるものならいらっしゃい
全裸で 出迎えて あ・げ・るわ

-----------------------------------------------
-----------------------------------------------

souen0001小.jpg

さらに今日発売のアングラ雑誌『躁宴(そうえん)』の表紙でグラビアデビューも同時に。

----------------
ファンクラブは後日立ち上げ予定で、年会費は御一人様、4兆ルーブルになる予定です。
今後の活躍をご期待下さい。
-------

と、いうわけでエイプリルフールネタでした\(^ω^)/
posted by ホンネサン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

東日本大震災復興支援チャリティーコンサートで歌いました

近所のスナックでママさんにさそわれ、我々夫婦が、
3/12 京都府立文化芸術会館で行われる『東日本大震災復興支援チャリティーコンサート』の一般枠で歌うことになりました。参加費は一人9千円で、お弁当付。入場無料のイベントなので何割かは京都市を通して募金されるようです。歌は2コーラス。

----------

そんなこんなで当日です。

会場に到着すると受付にけっこうな行列が。
プロアマ合わせて100人近い参加者なので7時間弱の長丁場。私は11時45分くらいに『宇宙戦艦ヤマト』、15時過ぎくらいに妻が『瀬戸の花嫁』を歌唱予定。
IMG_4709.JPG
京都市、京都新聞、KBS京都、後援のイベントで、プログラムには京都市長のありがたいお言葉も。
楽屋弁当もボリューム満点。

400席の会場だったのですが、席はかなり埋まっていました。プロの方目当ての方が多いのと、京都市のスナック選抜歌合戦的なノリが混在してなかなかの盛り上がり。

開場の挨拶、議員さんの挨拶などが終わったあと、一般歌唱が開始。私は9番目で歌いました。
スナックのママさん、京信也さんにお店で色々聴いてもらった結果『宇宙戦艦ヤマト』を歌うことになったのですが、この選曲で大正解!会場から拍手や手拍子が!なんか盛り上がってる!
妻にもスキャットで入ってもらっていたので、写真はありません。

プロのステージや一般歌唱のステージがどんどんこなされ、15時過ぎに妻の歌唱です。
IMG_4714.JPG
いや〜♪、実に堂々とした『瀬戸の花嫁』でした。振付までしっかりと。さすがだ♪歌唱後舞台袖におられたプロの方に褒められたそうです。

それからしばらくして、我々は体調の都合などで退散したのですが、プロの方々の場の歌唱はもちろん、雰囲気作りや、一般枠の歌唱レベルの高さに度肝を抜かれた日になりました。貴重な体験だったなぁ。


posted by ホンネサン at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする